モンハンの世界観はこれでもかとカードゲームの中で再現されています。

世界観について

モンハンカードマスターで気になるのは世界観についてです。
これは原作のモンハンから完全に繋がりが無く、オリジナル要素をふんだんに含んでいます。モンスターを召喚術で呼び出し、統治機関であるグランドブレインがメインの舞台となります。

 

ただし、モンスターの名称などはそのままなのでモンハンの魅力はたくさん詰まっているのです。

 

 

モンハンで人気のモンスター登場

モンハンのファンなら誰もが熱くなるモンスターが大量に登場します。
最弱の鳥イャンクックから始まり、レオレウス、リオレイヤなどもカードとして入手可能です。
ティガレックスやグラビモス、ナルガクルガ等の人気モンスターにも注目です。
原作と同様の弱点設定や特徴があるので、モンハン好きなら違和感なくゲームに熱中出来るでしょう。

 

それぞれのカードには

  • 属性
  • サイズ
  • コスト
  • 攻撃力
  • 防御力

が設定されています。

 

モンスターの情報を数字で見るのは、モンハンでは極めて貴重な瞬間です。
攻撃力や防御力の数値を見てモンスターの特徴を実感するのも楽しいでしょう。
あのモンスターよりも攻撃力が高い低いなどの情報を見るだけでも世界観は広がります。トレードシステムなどもあり楽しめたようです。

 

 

武器や属性、名称はモンハンならでは

モンハンの世界観は様々な部分で表現されています。
武器の名前や種類もモンハンシリーズで馴染み深いものですし、属性の種類も火、水、雷、氷、龍の5種類があります。
狩猟、クエスト、星ランクなど、これでもかとモンハンがカードゲームの中で再現されているのです。

 

回復薬やハチミツ等の基本アイテムも世界観そのままにしっかりと登場しています。
細かい部分まで世界観にこだわりを持っているからこそ魅力的なゲームになるのです。

 

カード

カードのフレーバーテキストも世界観の広がりを表現しており、どのようなバックボーンがあるかが分かります。アイルーカードやイベント1つとっても世界観を大事にしているのが伝わってきます。
古龍討伐、村の被害、ハンターの存在意義、システムが変わってもモンハンは変わらずあり続けるのです。