仲間がいるのは非常に頼もしく、ゲームの楽しさを何倍にも高めてくれます。

ギルドについて

モンハンシリーズの独自要素としてギルドシステムが採用されています。

 

ギルドに所属し、仲間と一緒にバトルで勝利するのがモンハンカードマスターの面白さです。

 

このギルドシステムは初心者の敷居が高く、コアゲーマー向けになっています。
しかし、元々のモンハンがコアゲーマー向けなのでギルドシステムとの相性は悪くありません。

 

ギルドシステムにどのような楽しさがあるのか見てみましょう。

 

 

ギルドに所属して役職をゲット

ギルドに所属したら、まずはギルドマスターに役職の要望を伝えましょう。
自分自身がギルドマスターなら、逆にメンバーに役職を割り当てる作業を行います。

 

バトルのイメージ画像

役職を持っているとバトルの攻撃力が上昇したり、強化に必要なお金が減ったりなど様々な恩恵があります。入手経験値が増える役職もあるので、レベル上げをしたい人にはその効果を持つ役職を割り当てましょう。

 

ちなみに、初期状態ではギルドの役職の数は限られています。
しかし、ギルドランクが上昇したり、バトル回数や合成回数などの条件を満たしたりすると新しい役職が解放されます。
ギルド専用のSHOPで役職を購入する手段もあるので、みんなと相談して何を買うか決めてみましょう。

 

 

ギルドメンバーと協力してイベント攻略

仲間がいるのは非常に頼もしく、ゲームの楽しさを何倍にも高めてくれるものです。
ゲームの攻略情報をやり取りするのも良いですし、お互いのデッキに対してアドバイスをするのも良いでしょう。

 

イベントが開催された際には、ギルドメンバーで協力して目的を達成します。

古龍討伐であればメンバーが一丸となって攻撃を繰り返し、効率よく討伐を目指すことが可能です。
1人では得られない討伐報酬でも、みんなで協力すれば達成できるのです。

 

時にはギルドメンバーで話し合い、イベント攻略を行う時間を決める場合もあります。みんなの動きに合わせる必要があるのでプライベートな負担は増えるかもしれませんが、それ以上にイベントの達成感は大きいでしょう。
ギルドシステムを利用するならコミュニケーションを大事にしながらゲームを楽しみましょう。