攻撃力だけでなく防御力も大事になるのがモンハンカードマスターのシステムです。

バトルシステム

モンハンカードマスターのバトルシステムについて解説したいと思います。
強化したカードでデッキを構築し、スキルを発動させて戦略的に相手を倒すものです。

 

バトルシステムはとてもシンプルですが、ワンポイントになる攻略方法も記載します。

 

 

攻撃力と防御力が重要

戦略性が高いカードゲームとは言え、カードそのものが弱ければ勝率は下がってしまいます。カードを強化して攻撃力や防御力を高めるのが最重要項目になるのです。

 

攻撃と防御

モンハンカードマスターのバトルシステムは、お互いのカードで順番に攻撃を繰り返します。コストがあるなら最大で9枚のカードをデッキに組み込んで戦えるのです。
最終的には戦果ポイントが多い方が勝ちになるのですが、ここで攻撃力防御力が重要になります。

 

攻撃を仕掛けた際、相手の防御力を上回って居ればその分の数値が戦果ポイントとして得られます。
攻撃力はスキル効果を含めた数値なので、勝利には戦略がカギとなるでしょう。

 

覚えておきたいのは順番に攻撃を行う点です。

攻撃して終わりではないので、次は相手からの攻撃を防御をしなければいけないのです。この際、相手の攻撃力が上回っているようなら相手にもポイントが加算されてしまいます。
攻撃力だけでなく防御力も大事になるのがモンハンカードマスターのシステムです。

 

 

サブデッキや役職の戦略性

バトルシステムは攻撃力と防御力をぶつけ合うシンプルなものです。
しかし、その攻撃力や防御力を上昇させる方法は多岐に渡ります。

 

代表的な要素はデッキ構築によるスキル発動ですが、実は他にもシステム化されているものがあります。

 

1つ目はサブデッキです。

サブデッキにカードを設定しておけば、攻撃力の総和に対して補正を掛けられるのです。これにより勝敗が変わることもあるので少しでも勝率を挙げたいならサブデッキも強化しなければなりません。

 

また、ギルドに加入して役職をもらえば攻撃力を上昇させられます。

知略の軍師という役職なら、逆に相手の防御力を下げる効果が得られるでしょう。

 

様々なシステムを考慮し、バトルに勝利してこそモンハンカードマスターに近付けるのです。